マジでコスパ抜群スマホまとめ!性能十分な“元ハイエンド”がねらい目です。

マジでコスパ抜群スマホまとめ!性能十分な“元ハイエンド”がねらい目です。

2019年10月より実施された「分離プラン」により、スマートフォン市場を取り巻く環境はガラッと変わりました。

以前のような端末とのセット販売による大幅な割引がなくなり、端末割引等による還元の上限が2万円となってしまいました。

 

この施策によって、消費者側の負担は実質増えたとみて間違いないです。

 

頭の悪すぎる総務省のお偉方は、ケータイ代が高すぎるから端末代と通信代を別々にして安くしろ!ってことらしいんですけど、はっきり言って高くなっています。

何も考えず、通信会社に言われるがまま契約していた人にとっては安くなったかもしれませんが、ある程度の知識を持って安く抑えていた人にとっては改悪以外の何物でもありません。ほんと、ちょいちょいダレトク?みたいな施策をしますよね、この国って(‘ω’)

 

残念ですが、法律には逆らえません。

現行では、以前のように通信会社との契約と同時に端末を契約してもいいのですが、前述したように割引上限が2万円であり、以前ほどお得感はありません。

むしろ、通信契約とは別に端末を購入するというスタイルが普通になりました。

 

そこでこの記事では、高い性能を誇りながらもお得なスマートフォンを紹介します。

 

お得なのは“元ハイエンド”

発売されたときはめちゃくちゃ高いハイエンドスマートフォンも、1~2年経つとガクッと値段が下がる機種がしばしばあります。

日本人はiPhone大好きなので、iPhoneはいつまで経っても“割高”だったりしますが、android機種に目を向けるとお得なスマートフォンはいっぱいあります。

 

いまだにiPhone以外は使い物にならないと思っている人。いまだにドコモやauなどのキャリアじゃないとって格安SIMを小ばかにする人。そんな化石みたいな人がうちの会社にもゴロゴロいます。

そして、そういう人はだいたい最低限の知識さえ持ち合わせておらず、また改善のために時間を割こうともしないタイプです。

iPhoneなら快適という4年くらい前のイメージに囚われており、自分がスマートフォンですることと端末の性能とを比べて検証することもせず、ひたすらに高いiPhoneを使い、高いキャリアとの契約を継続しています。

 

それは車に例えればフィットのようなコンパクトカーで必要十分なのに、ディーラーに言われるがままクラウンのような高級セダンを買わされているようなものなのです。

 

ちょっと話が逸れましたが、私のオススメする“元ハイエンド”をご紹介します。

 

Google「pixel3XL」

いま、一番誰にでもオススメできるのは、2018年にGoogleが発売したハイエンドスマートフォン「pixel3XL」です。

「ピクセル3」の画像検索結果

これが今ならGoogleの公式ストアで45000円で購入できます。

正規の値段は121000円と非常に高い端末だったのですが、それが76000円と訳の分からない割引をされて45000円で販売されています。

元の値段は割高でしたが、45000円ははっきり言って破格です。

すでに後継機種の「pixel4」と「pixel4XL」が発売されており、これは型落ち機種となっています。しかしながら、優れた処理性能とカメラ性能で今でもハイエンドといえるくらいの性能を持っております。

同じ価格帯の最新スマートフォンより性能は上位ですし、Googleが発売している端末なので、OSのアップデートが発売から最低3年間保証されています。2018年発売なので2021年までは最新の状態にアップデートされます。

正直、すぐにでも買い替えたいのですが、手持ちの端末がまだ全然使える状態なので踏み切れないという状況です。もし、手持ちの端末が壊れたのなら、速攻で買いに走りますよ、わたしは。

 

Huawei「P20」

なんだかアメリカに目をつけられて、いろいろと苦労しているHuawei。だけど、その前は日本国内のスマートフォン市場を席巻する勢いがあったメーカーで、それだけコストパフォーマンスが良く、性能が高く評価されていたメーカーです。

そんなこんなで「P20」も折り紙付きの性能と言えます。

性能的には、発売された2018年のハイエンド並の性能があり、2020年現在でもミドルハイクラスの性能を持っています。

また、カメラにはあのライカ監修のカメラが採用されているうえに、デュアルレンズ仕様となっています。Huaweiのハイエンド機種は、ほとんどの場合、DXOマークというカメラ性能を評価するサイトから、世界で最も優れたカメラ性能という評価を得ており、この「P20」も発売当時は世界第3位の性能という評価を得たほどです。

そんな機種が2020年2月現在では、新品がだいたい37000~39000円、状態の良い中古品なら30000円で買えてしまいます。

これも最新の同価格帯のスマートフォンをはるかに上回る性能となっています。発売初期から30000円台またはそれ以下のスマートフォンでも、見た感じや軽くブラウジング等をした感じでは必要十分な機種はたくさんあります。

しかし、ミドル~ミドルローエンドくらいの機種は、多くの場合カメラ性能がハイエンドよりもはるかに劣ります。

その点「P20」は2018年発売の端末でもカメラ性能は当時他を圧倒していただけあって、最新のミドル~ミドルローエンドくらいの機種よりもはるかにキレイです。

前述の「pixel3XL」よりは、CPUの性能もカメラ性能も少々劣りますが、そのぶん価格もこっちのほうがお得となっています。Huaweiってことが気にならないのなら断然オススメですね。