川口市西スポーツセンタープールガイド(行ってきました)

川口市西スポーツセンタープールガイド(行ってきました)

※長らく台風による建物破損により開所されていませんでしたが、2019年7月17日より再開しました。

※2019年8月4日に再訪。料金や設備など閉所以前と全く変わっていません。

 

夏と言えばプールと海。もう圧倒的レジャーですよね。

 

でも海なし県住まいの我が家は、遠い海に行くのは気合が要ります。プールも大きなところは大混雑をしていますから、やっぱり気合いが要ります。

 

というわけで、今回は安くて近い市民プールに行ってきました。

市民プールは特に集客を目的としていないし、公営ということもあって公式ホームページも不親切だし、情報も少ないですよね。

 

今回は川口市の西スポーツセンター内にある市民プールのレビューをします。撮影禁止なので中の様子をお見せできませんが、テキストを中心になるべく知りたい情報を紹介できればと思います。

 

料金

大人 2時間280円
中高生 2時間180円
小学生以下 2時間100円
超過料金 1時間毎に各料金の半額

川口市民以外の方は料金が倍額となるそうですが、特に確認はありませんので自分で市外ですと言わない限りは上記の料金で遊べます。ちなみに券売機での販売です。

 

最初に入場するためのチケットで2時間以下の区分はありません。

 

貸ロッカーは1回50円で戻ってきません。だから必要なものを出し忘れて取り出そうとなると、さらに50円が掛かりますので忘れ物には注意してください。

 

駐車料金は無料ですが、土日など休日はほぼ満車なので、よほど早く行かない限り待たされることになります。裏ワザで近くに「しまむら」がありますので、そこに止めるという手もあります。

もし駐車したときは、お礼に必ずお買い物をして帰るようにしましょう。

 

アクセス

JR川口駅の西口から徒歩10分ほどです。

駐車場もありますので、行くのなら車がおススメですね。近所なら駐輪スペースもそこそこありますので、駐車待ちなどを考えるとできれば自転車で行った方がいいです。

 

諸事項

お菓子など食べ物は一切禁止で飲み物は「水」のみOKです。お茶でもダメです。ばれないよと思っても、ここは監視体制がしっかりしているのでソッコー注意されます。

 

大人から子供まで水泳キャップ必須です。頭を水につけようがつけなかろうが必ず着用しなくては入れません。万が一忘れても施設で購入できます。

 

オムツが取れていない子は利用できません。たとえ水泳用オムツを着用してもダメみたいです。

 

ロッカールームは広く、温水シャワーも完備されています。ただし、シャンプー等は利用できません。

 

1時間に1回、健康管理を理由に10分休憩が入ります。その間は遊泳できず、プールから上がらなくてはいけません。

 

プールスペック

以下、設置されているプールの紹介です。この施設はすべて屋内プールとなっており、天候に左右されずに楽しむことができます。しかも夏だけでなく通年営業です。

 

①子ども向けプール

流水プールの外側に設置されています。

こじんまりしていますが、水深の浅い子ども向けプールがあります。すべり台も設置されていますので、幼稚園までの子供なら十分に楽しめます。

子ども向けのなかでも2段階の深さに分かれています。浅いほうはオムツがとれていないくらいのちびっ子にぴったりなんですが、オムツがとれていない子はお断りなんですよね。

②流水プール

外周をグルッと囲むメインプールですね。

スタンダードな流水プールで、水流はそこそこ早めだと感じます。

水深は1メートルで浮き輪が持ち込めるので、ゆったりと流されながらまったり楽しみたいですね。だいたい小学生くらいの子のバタ足が起こす水しぶきに邪魔されますけど。

 

③ジャグジープール

他のプールよりも水温が高く、壁面から高圧水流が出ていますのでジャグジーのように楽しむことが出来るプールで、流水プールの内側に設置されています。

こじんまりとしていますが、前述の10分休憩時にも入ることができるため、休憩中は人でいっぱいになります。マジでイモ洗い状態。

 

④スタンダードプール

競泳などで使う長方形のプールが中2階に設置されています。

水深1.2~1.3メートル。ウォーキングをしたり、泳ぎの練習をするのにピッタリのプールです。一方で小さい子ども連れには無縁なプールかもしれませんね。

スイミングを習い始めて1年半の長男は、泳ぎの練習をたっぷりしていました。身長くらいの水深なので、必ず目を離さないようにしていますけど。

 

⑤ウォータースライダー

なんとウォータースライダーが設置されています。しかも2基。これは写真でお見せできないのが残念ですね。

 

大きい方のスライダーは場内空間を最大に使っており、正確な全長は分かりませんが、数十メートルはありますね。大人でも十分に楽しめると思います。

身長制限が120センチ以上なので、やっぱり小さい子連れには無縁ですかね。小学生にあがったくらいからどうぞ。ただし、スピード感は割とゆっくりです。

 

小さい方のスライダーは恐らく全長10~20メートルほどでしょうが、これでもか!ってくらいカーブが連続していてスリルがあります。

身長制限は110センチ以上なら出口で大人が待っていることを条件に楽しめます。120センチ以上あれば1人で行けます。

距離は短いものの、スピード感やカーブのきつさならこちらが勝ります。あっという間に終わってしまうのが惜しいですが、スリル感を味わいたいのならこっちがいいですね。

 

総評

市民プールなのに流水プールやウォータースライダーがあって、半日くらいなら楽しめるプールとなっております。中で食事ができないので、お昼をまたいだりするのは厳しいですね。

 

市民プールとしては料金が少し高めなのがネックですが、駐車料金が掛からないので、車で行くならトータル的な出費は安いと思います。

 

かなり監視が厳しい(裏を返せば安全)ので、きちんとルールを守って楽しみましょう。

 

【公式ホームページ】

http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/70039999/70039999.html