【食レポ】カップ麺ならぬカップメシ!その完成度はいかに!??

【食レポ】カップ麺ならぬカップメシ!その完成度はいかに!??

1971年9月18日、日清食品より「カップヌードル」が発売された。

これが日本、いや世界における初めてのカップ麺(即席めん)だったわけだが、それから36年の月日が流れた現在、カップメシなるものが存在している。

 

同じく日清食品より発売されており、カップヌードルのぶっこみ飯やカレーメシなど、数種類がラインナップされているようだ。

 

ほほう、カップ飯とな。

 

麺ならいざ知らず、ごはんの感じをお湯を入れて待つだけのカップ麺と同じように完成させられるのか。

疑心暗鬼を持ちつつ、「ハヤシメシ」というちょっと王道を外れたカップメシに挑んでみました。

 

作り方はカップ麺と全く変わらない。

パッケージから攻めてますね。「ハイカラだねぇ」の意味が分からんよ。カップメシという画期的商品だけあって、カップヌードルの発売当時をリバイバルした感じなのかな。

 

開けると炊く前のごはん(お米だね)のようなものとルーがズドンと入っている。

理屈は分かりやすいですね。乾燥?したご飯に水分を吸わせてご飯を復活させると同時に、ルーを溶かすと。

まぁそんな簡単にできたらとっくに商品になっているだろうから、いろいろと企業秘密的なものが隠されているんだろうね。

 

実食!

 

お湯を入れて待つこと5分、開けるとこんな感じです。

ふむ、全くハヤシライス感がありませんな。

というわけでグリグリかき混ぜてみる。

 

 

 

 

おおっ!ハヤシライスっぽくなった。ちょっとルー多めの感じだけど。

 

見た目は良い感じ。いただきまーす!

 

 

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

 

 

こっ、、、これは!!?

 

うまいぞ。ハヤシライスそのものですよ、これは。

 

ルーが多い感があったけど、食べているうちに良い感じにご飯と絡んで、ほど良い量になるし、ご飯もしっかりご飯ですよ。

 

これは良い!!日清食品の主力商品になっても良いんじゃない?

手軽にご飯系を食べられるっていうのが良いよね。レンジでチンの必要もないし、なによりコンビニでカレー弁当を買うよりもかなりリーズナブル。

 

まだ食べたことのない人、一度挑戦してみよう。

カレーといえばお供はサラダだけど、コンビニでカレーとサラダを買ったら、なかなか良い値段になっちゃう。

カレーをこれで代用して、サラダを多めにしたらヘルシーだし満足なランチができるかも。