P10liteをUQモバイルで本体一括7800円、月額維持費1180円で契約しました。

タイトルの通り、発売されたばかりのSIMフリースマートフォン「P10lite」を7800円という格安で手に入れることができました。 しかも月額維持費が1180円という激安っぷり。

格安SIM会社はたくさんあるけど、トータル的にはUQモバイルが一番安いと思います。

今回はどのようにこの条件で契約したのかを紹介します。

高級感のあるデザイン、必要十分な性能、これほどコスパに優れたスマートフォンは他にないのでは?

 

P10liteのレビューはこちらをご覧ください。

【P10lite 徹底レビュー】9ヶ月使って分かったこと
※最終更新2018年2月7日、カメラとナックルジェスチャーの項を追記しました。 今年6月にHUAWEIより発売された「P10l...

今回の契約内容の詳細

本体:P10lite ※メーカー:HUAWEI
本体代:一括7800円(税込)
プラン:ぴったりプランM
月額維持費:1180円 ※2年目は2180円(いずれも税抜)

【維持費内訳】
ぴったりプランM(2980円)からマンスリー割(1300円)と家族割(500円)が引かれて、1180円。2年目は1000円加算されるので2180円(いずれも税抜)

【条件】
1.プランM以上の契約
2.端末保障(月額380円)、メールサービス(月額200円)を2か月維持
3.LINE MUSIC(月額960円)に加入、ただし無料期間中に解約可能
4.U NEXT(月額2160円)に加入、ただし無料期間中に解約可能

 

以上、条件はあるものの、解約の手間などを惜しまなければ、かなりおいしい内容で契約ができます。

P10liteは今月発売されたばかりの端末で、定価は29980円。それが一括7800円なんですからめちゃくちゃお得ですよね。ちなみに今回購入した端末は、性能の指標となる「Antutu」のベンチマークスコアが61000点ほどでしたので、通常使用では充分すぎるくらいの性能を備えています。

本体代が安いのはもちろん、マンスリー割として月々1300円が引かれるのが魅力的ですね。

これは、分割購入した場合、本体代として月々1300円が加算され、それと同額を割引することで「実質0円」とするための割引ですが、今回は本体代を一括で払っているので、割引だけが適用されている状態です。

ただ、今回本体代として支払ったのは7800円であるにも関わらず、割引額はそのままですから、適用期間めいっぱいの2年使ったとして、1300円×24か月=31200円、そこから本体代7800円を差し引いて、23400円お得ということですね。

それから、私の場合は妻がすでにUQモバイルで契約していたので、家族割を適用することができました。おかげで、前述のマンスリー割に重ねて月々500円割引がされます。

お得な契約をするためには

とてもシンプルです。それは、UQスポットなどの正規店ではなく、色々な会社を扱っている代理店で契約することです。各代理店で、諸条件はありますが、色々とお得な案件を出しているので探してみましょう。

探し方は簡単です。大抵の場合、Twitterで宣伝してますので、検索をかければ出てきます。

 

私の場合、すでに妻がUQモバイルに入っていたこともあって、家族割を使うためにUQモバイルに決めていました。そのため、「UQ MNP 一括」と検索をかけて何週間か良い案件が出てくるまで待ちました。 それで探し当てたのが今回の案件です。

 

P10liteが発売になって、必ず売り出してくるだろうとの予想バッチリでしたね。

 

発売間もない端末ですが、間もないうちの方が割と良い案件が出たりしますので、待ちすぎると機を逃すこともあるので気をつけてください。 また、休日限定で良い案件が出る傾向にあるので、土日や大型連休は必ずチェックした方が良いですね。

 

以上、お得にUQモバイルで最新端末を契約した話でした。通信費を節約したい人は是非とも参考にしてみてください。

コメント