【食レポ】QTTAは食っても食ったとは言わない

最近「マルちゃん」から発売されたカップ麺「QTTA」。松本人志さんが出演しており、学生が食べたあとに「食った」と言うあのCMのカップ麺です。

 

今日はコヤツを攻略しましたので、簡単なレポをどうぞ。

 

AKETA

早速オープン!

ほほう、粉末スープなどが小袋に分かれていない、開けてスグお湯を注げるタイプですね。

このタイプは手間が掛からないから良いですね。いや、たかだか小袋切って中身を入れるくらい、大した手間やないやろと、そう思う方もいるでしょう。

しかしカップ麺とはお湯を注ぐだけですぐできるのがウリですから、僅かな手間さえも省略してナンボでしょ。

 

この辺りはカップ麺の元祖であるカップヌードルがその形式だから、進化とは言えないけどね。

 

TABETA

待ち時間はこれまたスタンダードな3分です。

いただきまーす!

 

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

 

いやー、全く奇をてらわないね。

とんこつラーメンだけど、ふつーにとんこつラーメンです。

少しとんこつラーメン独特の風味みたいのは抑えめですから、匂いがキツくない分、人の多いところでも食べやすくはありますね。

量はこれだけでは足りないレベルです。お供にせめておにぎりの1個は欲しいところですね。

 

QTT…

食った!とは言えません。

そう言うためには量が不足しているという致命的な弱点があります。

人は満腹になったときに「食った」と言うのです。

 

もし、「食った」と言わせたいなら、2倍量の「QTTA W」が必要でしょう。

ただし、人はどれだけ食べても「食ったダブル」とは言わないというリスクが伴います。

 

 

 

、、、真面目にレビューすると、カップヌードルが好きだけど、ちょっと飽きたって人にオススメです。

カップヌードルに似たようなサイズで、小袋なしの手軽感も一緒です。「QTTA」の方が、よりラーメンテイストな味付け&ラインナップとなっているので、気分を変えたいときにいかがでしょうか?

 

とんこつの他、醤油とシーフードもあります。